キノヌケタ ブログ

お久しぶりー

2014.08.19 Tuesday 19:33
だいぶ更新が止まっておりました。二年くらい?
ツイッターを始めてからはどうしても。 
といってもツイッターもそんなに書いてるわけじゃないか。
つまりは仕事が忙しいということで、まぁよしと…!^^;




二年の間あったこと、 ひとつ下の記事では第一子誕生とありますが、去年の10月に第二子の長女が誕生致しました!
最近は娘を抱っこして家の花壇の花をぼーっと眺めたりする時が癒しタイム。
顔向けるといつも笑ってくれて、和みます(笑
漫画に囲まれた家なんで、漫画好きに育ってくれると嬉しいな。

息子はもうやんちゃで元気で。よく二人でyoutubeの電車動画とか見てます。



仕事の方は、『聖剣の刀鍛冶』と共同で描いている『変態王子と笑わない猫。』を続けつつ、
また新しく『ソードアート・オンライン ファントム・バレット』のコミカライズを始めさせて頂くこととなりました。

第一巻が9月10日に発売です。
http://www.amazon.co.jp/dp/4048669265
webでも連載されております。こちら↓
http://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_AM00000001010000_68/

元々好きな作品だったので、このお話がきた時は驚きましたが、嬉しかったですね。毎回楽しく描かせて頂いております。
作品のファンの方々に認めてもらえるような、いいコミカライズになるよう頑張りたいと思います。




 久々すぎてうまくブログアップできるかな?(汗
お知らせ | - | - | - | - |

誕生!

2012.04.07 Saturday 19:58

私事ながら、
先月第一子の長男が誕生いたしました、、、!

母子ともに元気で、ありがたい限りです。

いまだ自分に子が生まれたなんて実感できずにおりますが、
いや、しっかりしないとですね。
子供の顔をいつまでもじーっと見つめてしまいます。
表情ひとつひとつを見るたびに何とも言えない嬉しさがあります。


しかし…
そっかぁ、お前は始まったばっかりなんだなぁ。。。

頑張れよー!



毎日嫁さんと育児に奮闘しております。
子供のために色んなことをしてあげたくなりますが、、、
まずは一緒に散歩とかできたら楽しいだろうなーなんて思ったり。


それにしてもちゃんと締め切り後に生まれてくれました、おりこうさんです(笑)
日常 | - | - | - | - |

聖剣の刀鍛冶6巻

2011.12.01 Thursday 20:47

 お知らせが遅くなってしまいましたが、『聖剣の刀鍛冶』6巻発売中です!

原作4巻を丸ごと収録です。
初めて都市の外へと舞台が移り、広大な平原の中で心を交わすセシリーとルーク。
壁を乗り越え、吹っ切れるルーク。そして帝政列集国の成立。

物語が更なる激流へと突入していく予兆を感じさせる、そんな一冊になっているんじゃないかなと思います。

宜しくお願いいたします!



あと、ひとつ訂正ですけど、
P31に空白になってしまっているフキダシがありました。
雑誌掲載時には画像のように確かに文字があったのですが…

こんな感じでした。
すみませんが、ここを読むときはこんなフキダシなイメージでお願いいたします。


モバイルアンケートでの感想もすでにたくさん頂いております。
毎度励みになります、ありがとうございますー!!








聖剣の刀鍛冶 | - | - | - | - |

ヨーロッパ旅行5-2

2011.11.03 Thursday 22:12

 前回に続きモンサンミッシェル攻略。
ここら辺なんとなく『ICO』って好きなゲームの雰囲気っぽかったりもしてまた興奮♪




 そんな気分でダンジョンをズンズン進んでいきます。











 登ってきましたよー!




 やっぱり気持ちいい景色だなぁ〜。




 気がついたらなんか空の写真ばかりアップしてますが(笑
この空の広さってのに一番心が洗われる旅だったかなと思います。



 ちなみにツアーガイドが高橋さんというひとで、
 「モンサンミッシェル ガイド 高橋さん」で検索すると何件かブログがヒットしたりしますが、面白い人でしたね〜。

 ガイドとうより熱血教師的なかんじにいろーんな知識を教えてくださいました。
実際考古学研究のためモンサンミッシェルに何年も住んでいたり、ここで修道士のお仕事もしていたりしたようで、現地の人とも仲良しで。

 こんな日本人の人がいるんですねー。
いつか本を出すそうなので、そのときは是非読んでみたいです。






 そして最終日はリヨン駅のレストランで食事。
これまたすんごい装飾がちりばめられたお店で驚き!


フランス語の「ごちそうさま」がどう言ったらいいかわかんなかったんですけど、お店の人に手を合わせてナンマンダブーしたら通じました(たぶん)




 おまけ、帰りの飛行機から見たロシアの大地。
ひゃー寒そう〜。



 興奮の勢いで書いてきましたが、ひとまず旅日記はここまでにしておきます。


 遠い異国への旅は、行く前は腰が重かったですけど、素晴らしい体験となりました。
またすぐにでも行きたいような…(笑


 次は何年後かな?
また行けるように仕事頑張ります!



日常 | - | - | - | - |

ヨーロッパ旅行5-1

2011.11.01 Tuesday 02:55
 今回の旅のクライマックスはモンサンミッシェルでした。


 モンサンミッシェルは『ルパン三世 カリオストロの城』や『天空の城ラピュタ』のモデルだなんていわれてますけど…



 こーんな景色ですからねー。
(真ん中に見えるのがモンサンミッシェル)
周りはスカっとしてて何もない。
いやー、広大ですごい。雲はみんな底が平でかわいいし。


 もう本当、ファンタジー世界に迷い込んだよう。







「すごいや、ラピュタはほんとにあったんだ!」




 さぁ突入!




 狭い路地がこれまたいい味出してます。








 
そしてやっぱり武器屋!(た、たまらん)




 おっ。




 おおーっ。




つづく。
日常 | - | - | - | - |

ヨーロッパ旅行4

2011.10.26 Wednesday 21:43

 ノイシュバンシュタイン城にも行きましたよ!
お城といえばこれですよねー、ディズニーランドのお城のモデルにもなってるという。




 これは近くの吊り橋からの撮影。
周囲の景色もまたすばらしいですよね。
昔この城のプラモデルつくったなぁ。




 この旅行は天気にも恵まれて、空と城のコントラストがとても綺麗でした。




 カッ!




 そして近くにあるヴィースの巡礼教会へ。



 草原の教会と呼ばれるだけあって、周りの景色はごらんのとおり。
あー、気持ちいい♪ 




 そこにポツンとある、外観はさっぱりとした建物なんですが… 




 中身は圧倒的なロココ装飾!




 厳かな気持ちになり申した。





つづく。
日常 | - | - | - | - |

ヨーロッパ旅行3

2011.10.25 Tuesday 16:59

む。この建物には見覚えが…






 そうです、これです。

以前、月刊少年ジャンプという雑誌で連載した『ÉTOILE -三銃士星羅-』。
その第二話の冒頭見開きに登場したパリのノートルダム大聖堂です。
アシさんに一週間かけて描いていただいたなぁ…(^^;


何年もたってようやく実物が見れて感慨深かったです。





 ちにみにストラスブールのノートルダム大聖堂のほうにもいきましたよ!







 ごごごご。


 どーん。


すごー!



 いやもう、格好良すぎてわけわかんないです(ため息)。







 そしてすぐ近くにまたもや武器屋があったり!




つづく。
日常 | - | - | - | - |

ヨーロッパ旅行2

2011.10.24 Monday 03:06
 ドイツ、ローテンブルク。



 "中世の宝石箱"なんていわれているそうですが、まさに物語のなかの街のようで住みたくなっちゃいました。




 道の石畳が素晴らしい。このぐにゃぐにゃした感じ大好き。




 看板にも注目。とてもかわいらしいものばかり。




 武器屋!




 た、たまらぬ。。。





 家に飾る用にゲット♪ 



 旅行中いろんな建物を見ましたが、当たり前のように装飾が施してあってやる気をかき立てられちゃいます。
「ああ、もっと作品内で装飾描かなきゃ」って(笑)
装飾の形にしても、これだけ沢山見てると何か文法のようなものが見えてくるというか(いや気のせいか?)。


 実際行ってわかる事は沢山あった気がします。
例えば宮殿内のフレスコ画にしても、生で見るとちゃんと立体に見えて、写真ではわからない存在感がありました。




 そして壁の質感。(画像はマリエンベルク要塞)
 「かっこいいテクスチャだな〜!」とか、「なんて本格的なサイディングなんだ!」とかアホな発言しながら、これだけ写真取っておけばアシさんに指示だしがしやすくなるぞ!と、ニヤニヤしてみたり(笑)。





つづく。
日常 | - | - | - | - |

ヨーロッパ旅行1

2011.10.23 Sunday 08:03
 10月の15日から一週間ほどドイツ、フランスに行って参りました。


 ドラクエで育った世代ですので、ヨーロッパ旅行ってのはずっと夢でした。
しかしなかなか行く機会がなく…いえ、連載してないときなどは時間もあったはずなんですけど、そういうときは心に余裕がなく(苦笑)

 今回は『変態王子』の単行本も出たし、『はがない』のアンソロ原稿もあげたし、『ブラスミ』の新刊の原稿もたまったし、
 、、、で気持ちよく旅立つ事が出来ました! 
(しかし今月分の原稿あげたのが前日夜でそのまま徹夜で準備してましたが 汗)


 で、行きました。はい着きました。なにに感動ってまず景色ですよねー!
 空港でて、バスでの移動中から車窓の景色にもう興奮と安らぎがやばい。


とにかく広大で、木が可愛くて、町並みが美しくて。すべてに目が釘付けでした。




 
そう、こんな風に緑のなだらかな丘があって、木がちょこんちょこんと配置されていて、趣のある古びた小屋があって、鏡のように映り込む湖があって、ああーこういう景色こそ求めてた理想…みたいな。






 空も山も、当たり前ですけど西洋絵画の色してて。うっとり。







 ずっとそういう世界を描いてきたこともあるでしょうけど、「なつかしい、やっと帰って来た」みたいな、物語の中に入っちゃったっていうふしぎな感覚でしたねー。





つづく。
日常 | - | - | - | - |

「魔弾の王と戦姫」

2011.10.05 Wednesday 01:22
 「魔弾の王と戦姫」、本日10月5日発売の月刊コミックフラッパーにてコミカライズ連載開始です!http://blog.mediafactory.co.jp/mfbunkoj/?p=8044

弓使いの少年主人公と、戦う美少女たちの本格派戦記物ファンタジー。

MF文庫J原作のこの作品、
漫画を担当するのは柳井伸彦先生。
そう、聖剣の刀鍛冶のおまけページにもちらっとだけ登場する彼です。

素晴らしい作画です。
全体通して描き込みの量、トーンのバランスもバッチリ。
で、ちゃんと硬派で骨太な漫画になってる。
個人的に特にいいと思ったのが一話ラストのエレン。最高に美しくかっこいいと思いましたね。

『魔弾』漫画化にあたり、編集部には僕のほうで友人の柳井先生を推薦させていただきました。介錯先生の元で12年近くアシスタントをし、ベルセルクが大好きで、元弓道部!これだけピッタリな人材は他にはいないですよ、と…。


元々この作品、僕の好みっぽかったんで発売してすぐ読んで、すごく面白くてハマって。(FE好きな人らな戦記物として特におすすめです)
『魔弾』の文庫の担当さんが『変態王子』がらみで面識ある人だったので、読んだ興奮そのままに勢いで「魔弾を漫画化する際にはぜひ僕に声をかけてください!」なんて言ったものでした。文庫発売一週間後くらいのことです。
そうしたら割とすぐにそういう企画があるんだという話になって…
すごいですねー、二巻発売前にしての漫画化決定ですからね。


柳井先生はまだ新人ということもあり、漫画の構成(ネーム作り)は僕がサポートしております。

よかったら是非読んでみてください!
お知らせ | - | - | - | - |